睡眠に必要なのは質?量?

私はここ20年ほど、ほとんど2〜4時間以内の睡眠で済んでいます。たしかに、周囲の人の睡眠時間と比べると少ないと思われますし、実際に家族も含めた多くの人に指摘されます。しかし、睡眠の時間(量)が長くなればそれで解決するのかと思いますし、何より私自身がほとんど病気もせず健康で、現に困っていないという状況があります。
周囲の話を聞くと、6時間寝ても足りない、8時間でやっと寝た気がする等、時間的には長く寝ている人が多いのですが、詳しく聞いてみると、寝つくまで30分かかったなど、実際に寝ている時間とフトンに入っている時間とにずれがあることがわかりました。一方で私は、フトンに入ってから眠りにつくまで数分とかからず、寝ている時間とふとんに入っている時間にはほとんど差違がないことも、比較してみて感じました。
そこで感じたのが、睡眠時間についての思い込みと睡眠のサイクルにあるのではないかということです。
普段8時間睡眠の人が、何かの都合で6時間しか眠る時間がなかった場合、「寝不足になるんじゃないか」と思い、気になってなかなか寝つけない可能性があります。その結果、睡眠が浅くなり「やっぱり8時間寝ないとダメ」と感じるのではないかと思います。
また、自分自身の睡眠のサイクルが、どのような感じなのかを知っているかどうかも大きいのではないかと思います。私自身には2時間ごとに睡眠のサイクルがあると思っています。ほぼそのサイクルで半覚醒になるからです。その倍数の時間であれば、すっきりと目覚めるのではないかと思います。
すっきりとした目覚めと深い睡眠が、健康を維持する秘訣ではないでしょうか。