自分に合った究極の寝心地を求めて

マットレスと言っても、スプリングの入った物や、ウレタン素材、樹脂を網目状にした物など、たくさんの種類があります。
また、寝た時に高反発か、低反発かによっても、感じ方が変わってきます。

 

素材によって価格の変動があるのは容易に想像出来ますので、高反発と低反発のマットレスについて、メリットとデメリットを考えてみましょう。

 

まずは、高反発マットレスについてです。
高反発という位なので、硬めの寝心地です。
腰痛などがある場合は、体の沈みが無く寝返りが打ち易いことが最大のメリットです。
硬いが故に、体重が重めの方や大柄な男性などもマットレスのへたりも少なく、長期的に使用するには良いでしょう。
また、通気性に優れ、蒸し暑い夜の寝苦しさは回避出来ます。
しかし、価格は割高ですし、2つ折りタイプでないと収納場所に困ることがデメリットとなります。

 

次に、低反発マットレスです。
柔らかく、体にフィットするので、包まれるような安心感を感じることが出来ます。
体重が軽い方ならへたりも少なく、長期的に使用出来るでしょう。
価格もピンキリではありますが、比較的安価でお求め易いのが特徴です。
しかし、密な構造により、体にフィットする分、通気性には欠けます。

 

マットレスを選ぶ時には、まず高反発と低反発の違いを把握し、自分に合ったタイプを選定することが大切です。
そこから、予算に合わせた素材選びをすれば、寝心地を追求したマットレス選びが出来るでしょう。